AX
2010-05-09(Sun)

Angel Beats! EPISODE.06 Family Affair

このエントリーをはてなブックマークに追加

5話からサブタイトルの意味がはっきりとはわからなくなってきている。今回の Family Affair は直訳すれば家族の仕事?(すいません英語ダメです)。この話で出てきた家族と言えば、ゆりと直井。直井のことなのだろうが、うまく理解できない。なんかありそうな気がするんだけどな。



直井関連
あそこで自分で考えたことを自信満々に語りだしてしまったのは微妙。あそこで言う神が死んだ世界をどうにでもできる力をもったもの、という意味なら納得できないこともない。ただ、現世にも影響を与えられるような神という意味であったのならば度が過ぎている気がする。

同じ感情をずっと維持していくのは非常に大変なことなのに、何年も準備して来ている。あの音無のセリフだけで涙を流すところまでいてしまうのはいきすぎだと思う。戸惑いを見せだすならばいいのだが。

直井にとって神とは一体何だったのか。全知全能の救いを与える存在?だからこそ生前は神に助けを求めた。しかし救われなかったから自分が神となり、救いを与えていく存在になろうとしたとか。

直井は自分の中では文人であったが、外に向けては健人であった。それにより自分を表現することができず、ずっと心の中では一人ぼっちだったのだろう。そして死んだ世界でも。あの時自分を偽ってしまったことで自分を表現することができなくなった。生徒会の役員に自分のことを「直井文人」と呼ばせていたのは、自分をしっかりと存在するものと他人に認識してほしかったからか。

一人でいると自分の考えを否定してくれる人がいないので、凝り固まった考え方になりやすい。だから音無に言われたことで決意が揺らいだのだろうか。

音無が全力でゆりの成仏を阻止しようとしたのはなぜなのか。音無がすべて本物だと思うのはゆり、岩沢、日向の生前のことを聞いていたからなのだろう。その過去があったからこそ今のみんながいた。岩沢は自分を見つけることで消えることになった。だからこそそんな大切なものを他人に操作されることが嫌だった。ただその過去の記憶さえも正しい確証はないのだが…。
過去がないからこそ突っ込めたということなのだろう。

意味を求める直井



天使について
人の心を持っている。
あの世界の秩序を守ろうとしていた。
正しい行いをしても消えない。
ずっとあの世界にいる(ずっとがどの程度かはわからないが)。
ガードスキルを自衛用に生み出した。

自分の役目を全うしようとしている?

自分が拘束を破った時落ち込んでいる?

天使の息が上がっていない。

反省室にいることで反省になると考えている。

いろいろ情報は出てきてはいる。
ずっと一人でいるのにやっていることにぶれがない。あの世界の秩序を守ろうとしているようにも思えないが。
はじめに言っていたNPCの理論を適用するならば、天使もNPCであるというふうにとらえることもできる。
地獄少女に似ている気もする。



シナリオについて
一話一話の盛り上がりを重視するあまり、話全体のつながりが見えてこない。前の話でやったことが上手く次の話とかであまり生きてきていない。例えばけいおん!!では、唯がぬいぐるみを持って帰ってきたことが後の話で出てくることで時間の経過やらが上手く表現できている。

なんだかわざわざ難しい題材やらを選んでいる気がする。
記憶、幸せ、催眠術、神、いろんなふうにとらえることができたりする。というか人それぞれ認識が違うから難しい。
神と言われて何でも自由にできるものと受け取る人もいれば、世界を作った者をさすだけととらえる人もいる。

直井の過去をあそこで挿入したのが微妙。尺を気にしないのならば今回の話では過去に触れる程度にしておいて、次の話でしっかりとした話になれば。BGMで盛り上がっているところにいきなり切る感じだもんな。


それぞれのキャラについて
あの世界にいる人間は最終的に自分で堕落していったようにも思える。岩沢は声を失おうが弾き続けることはできた(動くことができなかったのかもしれないが)。ゆりはあの過去を背負ったうえで変えていけばよかった。日向はあそこでクスリ?に手を出さなければよかった。直井はあそこから師匠を見つけて教えを請えばよかった。
ここが気になる。

けど岩沢は歌うという行為によって消えたんだよな…。


ゆりはなぜだか一人で考えてその考えを話さずにいる。自分の中に抱え込んでいる気がする。(まあ他のやつらが頼りないというのもありそうな理由だが)それが姉として生きてきた責任感というものなのかもしれないが。


音無は人のことを勝手に想像する気がある。日向のことだったり、天使の過去や音無の生前のこと何かの伏線なのかも。
音無が「かなで」と呼ぶのは、自分というものを欲する音無だから?


TKが窓から出ていく時はあれダイビングだよね?ボンベを背負っているから背中から海に入るあれ。けど野球もできるTKだから生前のことにはつながらないだろう。まさに死ぬまで何やってたかわかんない奴。



なんか誰も言っていないようなので、
岩沢を馬鹿にしたように言うな 直井
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Angel Beats!
ジャンル : アニメ・コミック

tag : key 感想 アニメ


by青梅特快
ユイにゃんの胸のやわらかさにも触れて欲しいわ

family affairって
家族の問題(事件)の方が意味通る希ガス

Re: タイトルなし by宮人(みやと)
> ユイにゃんの胸のやわらかさにも触れて欲しいわ
もう一つの感想記事で書くかもしれません。


> family affairって
> 家族の問題(事件)の方が意味通る希ガス
英語はダメです。あえて訂正しません。

コメントを閉じる▲

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ユイにゃんの胸のやわらかさにも触れて欲しいわ

family affairって
家族の問題(事件)の方が意味通る希ガス

Re: タイトルなし

> ユイにゃんの胸のやわらかさにも触れて欲しいわ
もう一つの感想記事で書くかもしれません。


> family affairって
> 家族の問題(事件)の方が意味通る希ガス
英語はダメです。あえて訂正しません。
応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
9-nine-ここのつここのかここのいろ laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー