AX
新ブランド BaseSon Light 最新作『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』応援中!
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-07-12(Fri)

『なつくもゆるる』感想 ~夏の日差しに狂わされ、雲の白さに惑わされ~


すみっこソフト『なつくもゆるる』応援中!

メーカーすみっこソフト発売日2013年6月28日
ジャンル夏だからってゆるされない。ADV企画木緒なち渡辺僚一
ディレクター木緒なちシナリオ渡辺僚一
原画笹井さじイチリ(SD)音楽SHIM(TGZ SOUNDs)
評価C(S~E)プロデューサー丸山七瀬

すみっこソフト6作目……でしょうか? ただ前作の『はるまで、くるる。』でリスタートしたようなブランドですので2作目と言ったほうが適切かと思います。『はるまで、くるる。』は2012年の萌えゲーアワードで銀賞をとったということで記憶している人も多いでしょう。実際、無名と言ってもいい作品が銀賞をとるほどに支持されるということは眼を見張るような出来事です。ただ残念なことに売り上げの方は約2,900本という具体的な結果が公式で発表されています。では、今回の『なつくもゆるる』は『はるまで、くるる。』で上がったハードルを超える作品になれたのでしょうか?(と言いつつ自分は春狂プレイしていないので比較できません!)


それでは、なつくもゆるるの感想です。内容に少しでも踏み込むとネタバレ無しで語ることは不可能なゲームなので、できるだけ内容を匂わせる程度の書き方で行きたいと思います。予約特典等のゲームはこのブログを書いている時にはまだプレイしていません。

この作品は当然ですがOPムービーにあるような、夏の空気を感じるような、まったりとしただけのゲームではありません。公式のあらすじやブログの方にあるように、これは『世界の終わり』というものをテーマの一つに掲げた作品です。出てくる終わりは、明確な、これ以上ないほどの終わり。幸せな終わりを迎えるための作品か、終わりを回避するための作品か、終わりを先延ばしにするための作品か、終わりから始まるための作品か、そこはプレイしてのお楽しみ。

世界の終わりを喜ぶ少女、ただ一人だけの世界に生きてしまった少女、恐怖に怯える少女、破滅の隣にいる少女。隔離された学園、ある日を堺に変わってしまう環境、主人公が使う術とは、閉鎖された環境における主人公たちの存在とは、いろいろ匂わす単語を並べ立てておきます。

残念なことに自分はこのゲームは合いませんでした。最近わかったことですが、話の規模が大きくなると自分とあわなくなってくる場合が多いということです。「僕」と「君」とその周辺で完結するような作品の方が好みということですね。ただ、自分に合わなかったからと言って、この作品が悪い作品だなんてことは到底言えません。


このゲームをプレイすべき人ですが、ちゃんとシナリオゲーだということを理解できる人。よくわからない理論が出てきても、ちゃんと整理して考えられる人、ですかね。ただ、笹井さんが描く可愛らしいロリっ娘を求めて買ってもいいんじゃないかとは思いますよ。あ、下ねた許容出来る人じゃないと結構つらい!

それでは、最後に作中にある一つの質問をここで投げかけておきます「最上位の捕食者がいなくなった世界では、どんな変化が起きると思う?」。答えは作中で。この物語は、この質問の先にあることが重要になってきます。


なつくもゆるるなつくもゆるる
(2013/06/28)
Windows

商品詳細を見る


そして、これより詳細感想です。ネタバレの前には注意と書いておきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加
ここからはネタバレありです。

◇システム・コンフィグ◇
システム面で語ることは特に無し。いうことがあるとすれば、バックログで遡れる文章はもっと多いほうが良かった。特に今作は読み返したいと思う部分が多かっただけに。それと、ムービーの音量が小さすぎる。おそらくはBGMの音量に揃えているのだろうけど、それでは小さすぎる。


◇グラフィック・演出◇
これには驚いた。非常に高水準でまとまっている。今回初の一人原画となった笹井さんの描くメインキャラクターはみんな可愛さを振りまいている。野郎は置いておいて、零佳さんのドスの効いた顔も、目を逸らしたくなる感情が芽生えます。背景に関してもOPを見た時から思っていましたが、すっきりとしつつも、空気感をしっかりと伝えてくるものでした。空気感をしっかり伝えてくれるからこそ、スーパーの異様さ、そびえ立つ水門の異質さなどがわかります。そして何を置いてもすごいと思ったのは、立ち絵を使った演出の数々。音声とともに立ち絵の変化や、視点の変化などは他のメーカーもある程度はやっていると思いますが、それがしっかりと伝わってきたのは久しぶり。

Myベストキャラクターは水名りね部長。元気っ娘が好きな人間としては、まあ当然。コロコロ変わる表情、なぞの法隆寺、行動的な性格、抱えているもの。全体を見ても非常に好きなキャラでした。

趣味の話になりますが……体操服のデザインが俺の心を刺激してやまないんじゃー!!! 上のちょっとブカっとした感じ、下の短パンのようで動きやすさ重視……素晴らしいいいよ! 今まで見てきた作品の中で一番の体操着ではないだろうか。いや、間違い無くそうだ。そしてキャラの私服も好きだなあ……。




◇音(BGM、音声等)◇
ここに関しては特に言うことはないですね。かわしまりのさん演じる零佳姉さんが怖かったとだけ。


これ以降ネタバレ注意






◇シナリオ・構成◇
初めに言いましたがこのゲームは自分には合わなかったです。一周目は良い感じに楽しめていたのですが、それ以降となるとどうにも乗りきれなくなって行きました。ハマる姿勢から、傍観者としての姿勢へと変更しプレイしていましたが、自分に合わないとは言え非常に面白いシナリオでした。

始まりはどこか影がありつつも楽しく、ゆるるとした学園生活。その生活を支えていたものが消えバランスが崩れだす。変わってしまった環境の真実を追い求める。事実だと思っていたことが、見方を変えれば真実へと変化していく。明らかになっていく自分自身。話が綺麗に二転三転していきます。それぞれの部分が抱える、それぞれの面白さ。

「幼いことには意味がある」というのは宣伝でも出てきた言葉ですが、それ以上にこのゲームでは全てのことに意味があると思っておいたほうがいいでしょう。作品というものは基本全てのことに意味があるんですけど、このシナリオではわかりやすく意味が散らばっています。
「重力」の話が出てきた時は「なんじゃこりゃ」と思ったものですが、そこからの「重力」の意味の発展のさせ方には驚きました。「重力」とはなんなのかを突き詰め、なぜ重力であるのかが最後に宇宙を渡っていくことに繋がっていく。作られた理由ではなく、現在わかっていることから繋がっていく理由なので、感心しながら読む以外の行動は取れません。

これは主人公が成長し一つの完成を見るための話でもあるでしょう。確固たる自分を作り上げ、一歩を踏み出す力。ここを読んでいる人でまだプレイしていないという人がいるのならば、それぞれのルートは「何を学ぶため」なのかを考えつつやって見ることをおすすめします。(自分はこの考え方が出来ず「失敗の結末が見えているシナリオ」としてプレイしてしまったので、二周目以降の面白さが半減してしまいました)

このゲームはRewriteと似ていると感じます。そちらのネタバレになるので、白文字で書いておきます。篝という狭霧紫穂のような、外部から幾つもの試行を重ねる者。世界を存続する未来を見つけようとする展開。主人公が新たな世界へと歩んでいくこと。ただしあちらの個別ルートは試行の一つでしかなく、本筋との関係が薄いのですが。そしておまけのように付け加えるならば、バトルの要素もそうですね。ということで、夏狂が面白いと思った人はRewriteをおすすめしておきます。


◇まとめ◇
こういったシナリオを書いて、作ってくれるのはありがたいので、すみっこソフトと渡辺さんにはこれからも頑張って欲しいと思います。

終わらない、歩み続ける物語に祝福を。そしてあなたの頬に笑顔を。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。