AX
新ブランド BaseSon Light 最新作『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』応援中!
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-05-06(Mon)

今日からこの日は伝説だ!『KICK START GENERATION』 #Live_KSG +α

「いや~いいライブだった!」


この台詞だけで終わらせてもいいんだよね。この言葉にすべてが込められてる。でもね、俺は喋りたがりだから喋っていくよ。


KICK START GENERATION d2bvsDDvsCaS


知らない人向けに説明すると、OVERDRIVEという美少女ゲームメーカーがある。。このゲームメーカーは音楽にこだわっている部分が特徴としてあげられる。ライブをガンガンやったりね。それで、キラ☆キラ、DEARDROPS、僕が天使になった理由という3つのゲームの中に第二文芸部、DEARDROPS、CaSという3つのバンドが存在する。そのバンドが集まった夢のライブがこのKICK START GENERATION。

一昨年の10/8には第二文芸部とDEARDROPSの対バンライブはあった。そのライブが開催されるに至ったわけを綴ったゲームも出た。その日も本当に楽しく、忘れられないライブの一つになっている。
そして、今回はCaSという新たなバンドも加わった。第二文芸部や、DEARDROPSのような激しさではない、優しく包み込むような歌のバンドだ。

そしてそのライブが5/5にあったのだ。


いつもどおりのbambooさんの前説があって、オープニングのそれぞれのバンド紹介の映像が流れる。これだけで、「ああ、オバイブのライブに来たんだ」と思えてくる(B.G.M Festival!でも同じ構成だったけどねw)。



そして始まるCaSの、バンドごとのオープニング。『僕が天使になった理由』、その幾つもの名場面の絵が流れ、加速し、OPの逆再生のように始めのアイネと巴の二人が立っている絵に戻ってくる。この時点で僕天をクリアした身としては、いろいろ押し寄せてくる思いがあった。そして始まるCaSの音楽。

1.BOW Peep!!
2.星月夜
3.Dawn Light
4.さよならの奇跡
5.TARI☆LATTA
6.Snow Song
7.Feather Song
※あくまでもこんな感じということで、確かではない


『幸せの唄が君に届きますように』この言葉は僕が天使になった理由のキャッチコピーだ。幸せの唄、それをライブで強く感じた。僕が天使になった理由のOP、ED、劇中歌は全てCaSが担当しているが、その理由はやはりゲームの内容がプレイヤーに選択を迫り心に負担をかけるものなので、そんな心を暖かさで包むという意味もあってのCaSなのだろう。それが、このライブという場面で遺憾なく発揮されていた。

『星月夜』、この曲はEDの一つなのだが、一番つらいENDだと思っている。この曲をライブで聞いていて、ゲームをプレイしていた時の場面が思い起こされた。それと今見ている物が混ざっていったのか、一番を終えたあたりでは自分の頭のなかはグルグルしていてよくわからなくなっていた。そして、気がつくと頬を涙が伝っていた。ゲームをプレイしていた時には涙なんて流さなかった。頭を抱え、得てしまった結末に対しての責任を心に背負っているというだけだった。
『星月夜』の歌詞は、「君は優しいよ。逃げられたのに逃げなかった。でもね、大丈夫。ここでこの物語は終わりだけど、きっとこれから良くなっていく」と励ましてくれる。辛い時にそんなこと言われれば泣いてしまいますよ。


『TARI☆LATTA』はCaSの数少ないアップナンバー。山本アイネさんが考えた振り付けを皆で踊るのは楽しかった! 複雑というわけでもないし、ステージで踊る山本アイネさんがかわいいのでオールOK。踊ってるのは、ほぼ野郎なのだけれど、まあそこら辺は無視するのがいいところ。自分は後ろのほうで見ていたので、スペースに余裕があったから、自由に踊れたので、これはラッキーだった。


『Feather Song』『Snow Song』。Songが付いたこの二曲はOPとグランドED。今回のライブで明らかにされたのは、Snowはアイネ視点の愛を歌った曲。Featherはゲームの内容を全て終えた巴視点の愛を歌った曲であるということ。自分でも歌詞の意味については考えていたけれど、それは結局ハズレだった。ハズレもなにも無い気もするけどね。
二つの愛を歌った歌。今帰ってきて改めてFeather Songの歌詞を見ている。そこにある「私」という文字を「僕」に読み替えてみると全く違う曲に見えてくる。
CaSの歌はやはり染みこんでくる歌だった。目を閉じれば、そこに広がっているのは暗闇なのだけど、その分聞こえてくる歌の暖かさがよくわかる。今回は他の2バンドに合わせたのか、激し目の選曲になっていた気がするけど、milktubツアーの方でどうなるのかは期待。俺は『まどろみDreaming』と『Glass Bead』を聞きたいんじゃい!

ちなみにバンド演奏を担当していたFullMooNですが、アキバ系美少女戦士バンドとかよくわからない名前に、アイドルっぽい衣装ですけど曲の方はパワフルですよ! ライブもちょこちょこやってますし、ボーカルの人は普通に客の方にダイブします。個人的推しはピンクの人で、衣装には頭につけているものもあるのですが、一曲目から演奏が激しすぎて吹っ飛んでいくという熱さ。オバイブ好きな人だと、合う人結構いそう。


僕が天使になった理由僕が天使になった理由
(2013/02/28)
Windows

商品詳細を見る





OVAの時と同じ、画面が砕ける派手な演出の登場となるDEARDROPS。芳谷Pricoさんは先月盲腸の手術をしたということで、そこそこ心配してましたが平気そうに声を出し、跳ねて、素敵でしたね。「激しく動くと裂ける」と医者に言われていたにもかかわらずw

1.My dear stardust
2.Natural Born Challengers→
3.Toughness
4.High and High
5.LIFE=LOVE=LIVE
6.P.P.f.Y
7.希望の旋律
8.No music,No future
9.Noisy スイートホーム


『Toughness』では歌詞の途中にガツンと心に直撃するものが有り、やはり泣いてしまった。DEARDROPSの真っ直ぐな歌詞に辛さを感じるときもあったのだけど、それでもやっぱり大好きなDEARDROPS。それがこの新曲でもわかったきがする。

『Noisy スイートホーム』の恒例となっている大合唱はいいよね。そしてやっぱり号泣しながら歌う自分。泣かなかったことがない……。


後ろの方にいたはずなのに、結局動きすぎて酸欠になってあんまり覚えてないDEARDROPS。やっぱりここまでテンション上がっちゃうのはDEARDROPSぐらい。そしてやっぱりステージ上で熱く激しく歌うPricoは好き。本当に輝いて見えるし、あそこまで楽しそうに歌う人は殆どいないと思う。

休憩の時間にはPrico 2nd ワンマン(9/29)も発表。ライブ後に200枚の販売。そのうち先着100名にはPricoからのラブレターがついていました。これについては自分は持っていないのですが、驚くほどちゃんと書かれています。小さな紙に「ありがとう。ライブ楽しみにしていてね」とか、そういんじゃ無いです。これを100枚書くのに、どれだけの時間をかけたのかと考えてしまいます。今日のPricoのパフォーマンスの良さは、ラブレターを100枚書いたことも原因の一つなんじゃないかと思います。自分の気持ちを100枚、文字として表すという行為によって成長できた部分もあるはずです。ちょっと前回の1stことについて書きます。あの時はチケットもあんまり売れなかったんですよね。今回200枚近いチケットが売れていたと思いますが、たぶん1stは200人も来てなかった。これはチャンスでもあるし、Pricoが好きという人が増えて来ているという意味でもあるはず。だから、この2ndライブは本当に成功して欲しい。来てくれた人が「これからもPrico見ていこうかな」と思えるライブになってほしい。
今回のワンマンはmilktubプロデュース、Prico with DEARDROPSという形で開催されるそうです。Pricoが好きだという人はもちろん、DEARDROPSが好きだという人がPricoの魅力に気がつく機会になってくれるんじゃないかと期待してます。DEARDROPSが好きという人は、是非Pricoにも目を向けてみて欲しい。DEARDROPS以外のPricoもいいんだよ。




Addictive FlavorAddictive Flavor
(2012/09/19)
Prico

商品詳細を見る





最後を飾るのは我らが第二文芸部。愛されて五周年ですね←
自分が第二文芸部のライブを生で見るのは10/8のVSが初めてでした。あの時のAiRIさんは、残念ながら不調。スパゲーも一応ありましたが、今回はあのVS以来の第二文芸部でした。完全版第二文芸部といったところでしょう。そう言えるだけのものを見せて聞かせてもらいました。

1.Let’s go wild!
2.Go!! Go!! Adventue
3.Radio d2b AIR
4.南風
5.travelers
6.絆
7.ミステリーツアーへ行こう
8.君の元へ
9.Like a Life,Live a Live!


『Radio d2b AIR』第二文芸部というとキラ☆キラとこの曲の印象が強かったりする。ラジオがやっていた時はキラ☆キラのこと殆ど知らなかったのに、この曲を聞くと「始まった」という感覚が強いんだよね。

『君の元へ』は……もうなんていうか、定番曲のようなものだと思うんだけど、そこに込められた思いっていうのは劣化なんて全くしない。最初と最後の合唱もみんなの思いが詰まっている。あそこにいる全員が一つになっている感じが特に強い。


これが第二文芸部最後のライブということですが、たぶんまたあるだろうなとは思ってます。それがいつかはわからないですが、それが武道館ならいいなあ……。それで、ハピマテの次のライブとCDはいつになるんですかね?

キラ☆キラが出て5年ぐらいですか。AiRIさんも言っていましたが、それだけの時間があれば多くの物が変わってしまったと思います。第二文芸部自体もメンバーは毎回全員同じというわけではなかったです。キラ☆キラを、第二文芸部を機会としてAiRIさんはライブが嫌いから、好きに変わりましたね。第二文芸部を聴いて助けられた、変わることができたという人もいると思います。これからの5年で、すべての人がいい方向に変わっていけたらいいのにな。


OVA キラ☆キラ 5th Anniversary Live Anime KICK START GENERATION Original SoundtrackOVA キラ☆キラ 5th Anniversary Live Anime KICK START GENERATION Original Soundtrack
(2013/03/27)
ビデオ・サントラ、キラ☆キラ~ALL STARS~ 他

商品詳細を見る


アンコールはもう何やるかはわかってるし、普通に行くかと思ったら思わぬスペシャルゲスト。まさかの作詞担当橋本みゆきさんの登場でした。作詞、作曲、歌、演奏、全て含めてのバンドですね。あの時ステージには全員が、本当に全員が揃っていたと考えると感慨深いです。

1.Dreams on Winner 〜Kira☆Kira forever〜
2.キラ☆キラ~ALL STAR~




今日のライブは既にライブDVDになることが決定してますね。経済力すごいなあ。とりあえず、自分はクレカ作ったら、少しだけカンパしてみようかと思ってます。倍いけばBDになるらしいということを聞きますが、自分はそこにあんまり興味はないので、その分お金出すんなら他の企画の時に出したいというのが理由。


【関連】
【御礼】2013.05.05「KICK START GENERATION」
【おまけ】「KICK START GENERATION」その2
ディファ有明!!
KICK START GENERATION
CaS
CaSの写真
KICK START GENERATION -d2b vs DD vs CaS-
あほ毛90度!
ただいま!ずんださん【o´゚□゚`o】
昨日のリハ前。
天使たち。
次の天使。
リカ氏の羽根。
KICK START GENERATION
CaS!!!!
2013.05.05 
『Kick Start Generation d2b vs DD vs CaS』
KICK START GENERATION -d2b vs DD vs CaS-
キックスタートジェネレーション
解散
最高のライブでした(^^)
風景 このエントリーをはてなブックマークに追加



題名に+αとつけたのは、KSGの前にドリパ行ってたってことを書くだけのためなんですよね。

飯食べる→ドリパステージの民安★ROCKに行く→食べたばかりなので腹が痛くなる→ハルコイで飛んでたら足がつる→原田ひとみさんのステージを待つ→時間的に無理だと諦めてディファへ走る→足がつるw→ディファのCaS一曲目で足がつるwww

ってな感じです。何回足つってるんですかね?www

結局Twitterで見たところ、目的だった原田さんの『The Brave Under The Summer Sky.』(夏空のペルセウスOP)は30分(KSGの開演時間)過ぎだったので、その場にいるのは無理な話だったようですね。残念。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。