AX
新ブランド BaseSon Light 最新作『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』応援中!
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-02-09(Sat)

PCゲームのこれからは?(VAを中心に)

『あそBDどきどきたいけんばん!』なるものが配布されているので、その感想も兼ねて次世代のエロゲプレイについて書いて行きたいと思います。PC媒体については書きません。基本VAのことを中心に話を進めていきます。

①PSP、PS3、PSVita、XBOX360等
×エロ ○携帯性 ○大画面

ここらへんについては説明は要らないですね。PCで発売されたものが移植されると言ったらこれ、という感じです。欠点としては18禁描写を入れられず、絵やテキストに関しても基準が違うため修正を要することがあるということです。当然ですが、18禁描写が大切な作品や、エロ重視の抜きゲーの移植は不可能となります。それを除けば快適なプレイが約束されている媒体かと思います。VAの移植といえば、プロトタイプですが(延期することを除けば)優秀な会社です。


②スマートフォン
○エロ ○携帯性 ×大画面

スマフォにはiPhone系とAndroid系がありますが、iPhone系はエロNGなので18禁ソフトの販売は①同様に不可能となります。女の子にに長いものを食べさせるという『モグモグゆなちゃん』なるアプリがiPhone版Android版の両方で出ているのですが、この二つの違いがわかりやすいですね。食べさせるものがホットドッグかちくわか違いますし、音声や絵も変更されているようです(詳細に関してはイリュージョンのHPで確認してください)。

で、スマートフォン(Android)が①と違う点はエロOKということです。携帯機でエロがあってもと思う人もいると思いますが、何も外でやれるということがメリットというわけではありません。プレイスタイルが固定ではないというのも利点なのです。寝ながらのプレイや、トイレに行きたくなってもそのまま持っていけるというのは便利ですよね。お風呂Hの時に、一緒にお風呂に入りながらと(ry
ただ、プレイ時間を取れない人の場合、電車に乗っている時などにプレイできることは大きな利点です。エロシーンに関してはさすがに公共機関を利用している際などにはやらないとは思いますが。未来の利用法としては、映画を持ち出すように、ゲームを外に持ち出し、セーブデータをPCのものと共用に出来たりとかしたら面白いですね。
スマフォの中身を親に見られるとかも無いと思うので、家族共用のPCを使っている人にとってはスマフォはいいのかもしれません。

スマフォでの欠点は画面が小さいことでしょう。ただ、最近は大きい端末も出てきているのでその限りではないとも思います。それと、長時間のプレイには向かないということもあるかもしれません。

また、スマフォの場合操作性というところも着目すべき点かと思います。VAの場合独自の技術を使っていて……ここは説明よりも見てもらったほうが早いので動画を貼ります。こちらの詳細については関連記事にリンクを貼っておいたのでそちらも参照するといいかと思います。



【関連リンク】
TECHGIAN MARKET
桃ゲー
M-trix

【関連記事】
VAマーケット for Android 『クドわふたー体験版』のシステムが良い感じ


③BD-PG(あそBD
○エロ ×携帯性 ○大画面

スマフォが携帯できるVitaだとしたら、こちらは据え置きのPS3となります。高画質を売りとし、テレビなどの大画面でもプレイすることを想定したものですね。こちらもインストールが不要なので、②と同じ事がいえます。

抱えている問題としては、第一に価格、第二に遊べる機器の問題、第三に操作性でしょう。
価格ですが、現在出ている媒体に加え、上のVAマーケットでの価格とも比較してみます。価格に関しては定価、税込での表記となります。PS2に関しては廉価版が出ているものはそちらの価格を基準とさせて頂きます(表が大きくなるのを防ぐため)。最も安いものを青、最も高いものを赤で表記します。ただし、廉価版があるものはそちら基準となります。
Kanonで言えば、エロシーンのあるなし、ボイスのあるなしなどの差があるのですが、一旦は無視します。

あそBDVAマーケットPC媒体PS2PSP
Kanon3,990円2,000円9,240円(廉2,940円7,140円(廉3,129円5,040円(DL版3,500円
さよならを教えて4,515円3,800円9,240円
沙耶の唄6,090円5,040円(廉2,940円
クドわふたー6,090円4,800円6,090円5,040円


見ればわかりますが、あそBDは単純に高いですよね手元に物があるという部分を加味しても、沙耶の唄なんかは元々のソフトの値段よりも上がっていますし、クドわふたーはPC版と価格が同じです(注:沙耶の唄は特典が豪華)。

遊べる機器と操作性に関してですが、あそBDは名前の通りBlu-ray Discを使用しているので、BDプレイヤー、PS3などのBDが読み込めるPCを対象としています。ただ、個人的感想を言うならば操作性はPS3が一番かなという感じです。公式で言われていたことですが、PCでのプレイはおすすめしないそうです(ソース  )。現在自分が持っているPCとBDレコーダーでは、残念ながら動作が緩慢ですし、途中で読み込めなくなる場合が結構あります。ただ、これに関しては、私が使っているものが古いから、適していないからなどの理由が考えられるので、そこら辺は体験版を手に入れてくるなりして個人で確認してください。

【関連記事】
『あそべる! BD-GAME』発表展示会レポート



簡単にまとめますと、これからのエロゲはスマフォで充実していくんじゃないでしょうか。スマフォ自体の普及率も上がっているので、気楽に購入し、気楽にプレイできるような環境が整っていけば電子書籍に近い方向で普及していくと思います。あそBDに関しては一部の人が家でプレイする用という感じになると思ってます。こちらが主流になるということは無いでしょう。
みんな考えることは同じですが、携帯機と据え置きでのセーブデータが共用となり、出かける直前までプレイしていた内容を、移動中でも楽しめるという形を求めちゃいますよね。当然そうなってくると課題が山ほど出てくるんですけど。
PSPとかに関してはちょっと難しいですね。今まで何処らへんの層が買っているのがわからないので、下手に言えない部分があります。とりあえず、ギャルゲーへの入門編として入り口にはなるかな、と考えています。
PCの方でもDL販売がこれからどの程度伸びていくかというのも気になりますよね。PCゲームの方でも、DVDではなく、USBで発売するところが出てきたりして、PCの方もいろいろ変わっていくんでしょうか?

電子書籍といえば、こんなのもあるんですよ、と紹介しておきます。ゲーム会社が作る電子書籍です。
このエントリーをはてなブックマークに追加


本来の予定だった『あそBDどきどきたいけんばん!』体験版についてちょろちょろ感想にも満たないものを。

収録内容は、クドわふたー体験版、沙耶の唄デモムービー、あそBDテーマの簡単なゲームの三種類でした。
デモムービーに関してはBDだから綺麗な画質でしたし、クドわふたー体験版も特に言うこと無いので省略します。

収録されているオリジナルシナリオに関しては公式に乗ってるあらすじそのまんまです。特に解説するようなことはありません。内容はもう単純にあそBDの宣伝です(笑)でも、フルボイスにエロシーンやBGMなどしっかり付いているので普通のゲームと変わりません。ちなみに、BGMに関しては昔RAMというブランドが出していた5というゲームに使われているBGMが使われています。これにはちょっと笑いました。作曲が麻枝さんの曲も使われていたので。

声優に関しては、ブルールミナスがみるさん、でぃすく板丸は理多さんでした。シナリオやグラッフィックなどはVA傘下のriffraffが担当しています。


「5(ファイブ)」SoundAlbum 「yukar(ユーカラ)」「5(ファイブ)」SoundAlbum 「yukar(ユーカラ)」
(2009/07/24)
No Operating System

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
景の海のアペイリア laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。