AX
新ブランド BaseSon Light 最新作『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』応援中!
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-10-14(Fri)

明日の輝きを求める力 『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future-』 感想

OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b vs DEARDROPS -Cross the Future -』
メーカーOVERDRIVE発売日2011年9月30日(DL販売開始日)
ジャンル青春恋愛ロックンロールADVシナリオ那倉怜司
原画藤丸音楽第二文芸部/DEARDROPS/milktub/ms-jacky & QUALITY
評価-点(ライブとで一つの作品なので)総プレイ時間約4時間30分



OVEDRIVE5周年記念で製作されたゲーム。キラ☆キラとDEARDROPSに出てきた劇中バンドがクロスするFD。ただし、このゲームはこれで完成ではなく現実で行われるライブと合わせて一つの作品ということに注意です。現実とゲームが交差する瞬間を楽しんでください。今年中(2011年)の間はニコ生のタイムシフトでライブは見ることができるので、その間にやってください! OVERDRIVEがOVERDRIVEにしかできないことをした、ただの5周年作品で終わらない物語を見てください。
プレイの推奨順はゲーム(EDまで)→ニコ生タイムシフト→エピローグです。

注意:視聴には2000ポイント必要です。2000ポイント以上の価値を約束します。

シナリオはd2bバンドとDEARDROPSがどうしてライブをするにいたったかの物語と紹介されていますが、それ以上に突っ込んだ話になっているかと。キラ☆キラとDEARDROPS、二つの作品のちゃんとした。個人的にキラ☆キラのラストに納得できていなかった部分があったのですが、その部分に対してメスを入れている作品でした。
キラ☆キラとDEARDROPSの両方をやった人には絶対にプレイしてほしいと思える作品です。
時間としては短いものの、内容はガッツリ詰まっている良作です。
個人的名シーンにはNo music,No futureが流れたあたりのシーン。あそこでDEARDROPSのテーマの一つであったものが、形として存在していました。


おまけとしてOVERDRIVEがこれまでに出した作品などのカタログがついてきます(データ)。ゲーム、CD(キラ☆キラ、DEARDROPSのみ)、アパレル(オバコレのみ)、作中の登場人物が使う楽器紹介を見ることができます。CD紹介時のBGMがdキラ☆キラとDEARDROPSのインスト曲(数曲)なのもいい仕様。OVERDRIVEは何の会社だという部分に突っ込んじゃだめですよwww


ここからはいろいろ突っ込んだ感想

絵は今回はDEARDROPSの藤丸さんがすべて担当ということで、キラ☆キラのキャラに違和感があるかもしれません。個人的に一枚絵での口の位置が……。時間がなかったのか、ちょっと荒いと感じるところもありました。それでもEDの絵は最高の一枚になっていると思います。
背景の横浜DLITZは聖地確定ですねw


音楽は二作品のBGMを流用ですね(新曲はある?)。キラ☆キラの背景の中でDDの曲が流れるというのもなかなか面白い。
新曲のHppy Crossingも鳥肌が立つよさ。きらりと律穂の声が重なった時は涙が出てきました。八木原さんとLEOのコラボ曲は体に響く熱がたぎるものでした。
曲がいいのはもちろん歌詞もまたいい。シナリオに合っているのはもちろん。勇気づけられるし、走り出したくなる。5周年を迎えたOVERDRIVEがこの先に向かっていく部分も重なっているよう。


シナリオはキラ☆キラとDEARDROPSでいったらDEARDROPSの方が優遇されているかな、という印象。個人的に千絵姉の活躍が少なかったような……。けど、ほとんどのキャラに見せ場はあります。やはりDEARDROPSのライターということで突き抜けた勢いのあるシナリオはいいですね。キラ☆キラの暗さも上手く扱えていると思います。
キラ☆キラ、DEARDROPS、それぞれの作品に何か思い入れがある人ならば、この作品でもその感情が呼び起こされるかもしれません。少なくとも私はそうでした。
ただ、律穂、鹿之助、スガショーの三人の視点でシナリオは進んでいくのですが、今誰の視点なのかが分からなくなることがたまにあったので、そこを改良してほしかった。(律穂とスガショーは一緒にいることが多いし、スガショーが空気な時があるから)
ふと思ったのは、主人公がスガショーじゃないのはある意味成長しきってしまったキャラクターだからなのかなと思ったり。


OVERDRIVE5周年の作品としてはこれ以上ないものになったんじゃないでしょうか? そしてこんなことはエロゲメーカーの中ではOVERDRIVEしかできないですよね。
5周年ということで一区切りをつけ、次へと向かっていくいい作品になっていると思います。
OVERDRIVEの新作も音楽モノらしいので期待しています。キラ☆キラ、DEARDROPSに続くのではなく超える作品となることを祈って。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
景の海のアペイリア laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。