AX
2011-06-27(Mon)

熱きヒーローの物語『電激ストライカー』感想

電激ストライカー電激ストライカー
(2011/05/27)
Windows

商品詳細を見る


ロックンロールエンターテイメントカンパニーOVERDRIVEが5周年記念作として出した、第6作目のゲーム。企画は原画家の片倉さんが担当。片倉さん曰く、自分の作りたいものを会社のお金を使って作ったゲーム。
OVERDRIVEといえばバンドものというイメージがありますが、今回はヒーローもの。ジャンルとしては魂帯電劇場型(シネマティック)ADVというよくわからない気合の入ったものとなっています。

ヒーローものということで実は結構不安でしたが、とても面白かった。不満点も多いけど、思い返してみると面白かったという言葉しか出てこない。前作のDEARDROPSと比べると、見劣りするのですが、あれはプレイしてる時は常に声あげながら出来るゲームだったので、あれが異常ってだけです。電激ストライカーは十分すぎる面白さでした。
ただ、物語で期待している部分によっては残念な出来になるのは事実。矛盾点や気になる点もあるけど、そんなところも昔の王道作品っぽい。

購入を検討するならば公式サイトで公開されてるプロット漫画のにこにこ劇場を読めばいいかと。それで面白いと思ったら体験版をやって面白かったら購入という流れでいいと思います。他にもOP、挿入歌など公開されているので公式の情報で購入は十分検討できます。

製品版では体験版部分にも追加があるので注意。

緒方さんのファンは絶対にやるべきと言えるほど緒方さんの演技が光ってます。




ネタばれあり感想や諸々は続きから。 このエントリーをはてなブックマークに追加


零の章4時間
天の章3時間
空の章1時間30分
総プレイ時間8時間30分といったところですね。相対的にみると短いですが、絶対的に見ればそんな短い気はしないです。プレイしていると物語がサクサク進んでいくので、章ごとに一気にやるのを推奨します。今PCゲーム自体が大作指向なためシナリオが短いっていうのはつらい部分でもありますね。矛盾点や気になる点もあるというのは上で言った通り。ただ一言、「ジャック強すぎwww 漫画の中のキャラと普通に戦えるレベルってwww」
個人的には空>>天>零な面白さだった。


零の章
ヒーローになりたかった者とヒーローになっていた者の物語
ミラーが完全体になったあたりからはアクセル一気に踏み込み加速していった。
最終決戦の時のロッシュとフェニックスがすごくいい。主人公たち置いておいて零の章でのMVP。煙草の演出としての使い方もいい(関係ないですが個人的な煙草の演出で一番の見本はカウボーイビバップのブラックドックセレナーデ回)。
思い返してみれば悲しく、さびしい物語だけど読了感はいい。


天の章
ヒーローとは何か知る物語
天の章に入ってからはずっとわくわく出来るいいシナリオだった。熱い要素をこれでもかと詰め込んできているというbambooさんが行っていた意味が納得できる。『巨大ロボがアニメで動く!』は燃えないわけがないw
印象に残ったセリフとして「おぬしは、子供のころ、何になりたかったでござるか?」かな。自分に向けて言われてるようでね。
ラストに関しては零の章の方がよかったけど、空の章とセットってことを考えるとそうでもないかな。


空の章
電激ストライカーという名のヒーローになる物語
最高の熱さと感動をくれた。天の章から続く、主人公がミラーになった物語。
全員での総力戦。ピンチに駆けつける零。『ヒーローになることを夢に見、春奈を守ることを誓ったヤマトの心を持ったミラーが、幼いころ夢に見た電激ストライカーの力を手にし敵に向かっていく』これだけでかなり燃える。しかも、そのあとの展開が隼一式、全力をつぎ込んだ百式、自分の身を削る震電+秋水、ストライカーの力とミラーの力を融合させての全力を超えた全力による突撃。この連続には魂が震えた。自分でこの文章を書いていても燃えてくるレベル。それを彩る緒方さんの声が最高。緒方さんに惚れるためのゲームといっても過言ではないほど。


全体的に悪い点は、効果音、戦闘テキスト、烈・天・空のヒロインストライカーがほとんど活躍しないこと(バルボラの皆さんの方が活躍してる事実)。エロに関しては突っ込まない(スキップしたので……)。
全体的な物語のテンポはいいのに、戦闘の切り替えの部分のテンポが悪い。場面が変わる際に画面に場所が表示されるのだから、テキストでそのことを書かなくてもいい。
効果音はもっと独特なものが欲しかった。銀断のロッシュの音だって普通の振り回す感じじゃなくて、『空気をも切り裂く』みたいなイメージの音が欲しかった。

アニメパートは十分な出来。荒い感じが作品にあってる。キャラの枠の線が太いっていいよねw『ありがとうシルバーリンク』これでOK。盛り上がりをパワフルに描いてくれたことに感謝。地上波でアニメになった時もよろしく!

声優陣。緒方さんの表現力が突出してよかったのですが、主人公結城ヤマト役のさんもなかなかにかっこいいボイスと演技でいい感じ。全体的に男キャラの声優がいい感じでした。ただ、烈の叫び声とか女性キャラははイマイチな面も。ただ、いいものは持ってると思うのでアニメ化して、声優が変わらなかったとしたらもっといい演技を見せてくれるはず。

CGはかっこいい構図が多くて大満足。キャラがとっているポーズには厨に心をくすぐられるw 戦闘シーンのCGが多いのは作品にあっていてよかった。

システム面では話数が変わるときには自動でセーブ画面に打移るというのはいい仕様。ただ、強制的にセーブ画面に移るので、スキップ時は面倒。それと、途中で挟まるチャプターアニメが飛ばせなく、そこも不満点。
体験版をやればわかりますが、タイトル画面やコンフィング、メッセージウィンドウのこだわりが気持ちいい。こういう部分を作品の世界観と合わせてくると好印象ですね。

音楽面はさすがOVERDRIVEといった出来。ちなみに挿入歌のBREAKING! が最高に好き。OVERDRIVEがバラード?と思ったりもしましたが、バラード曲の出来も十分。BGMはBREAKING!のインストレベルの熱い曲がもう一曲欲しかった。流し方は工夫すればもっとよくできる。


今のところOVERDRIVEのゲームはDEARDROPSと電激ストライカーしかプレイしていませんが、最後をしっかり締めてくれるのがOVERDRIVEって印象、熱い読了感は嘘じゃない。そして、いろいろ悪い点があっても、思い返してみると『面白かった』という感想が真っ先に出てくるのも特徴。これからもOVERDRIVEのゲームはプレイしていきたいですね。

アニメ化してほしいなー。シナリオは原作通りは難しいだろうし、改変とか全然OKです。ただ、いくつかの要素と空の章の盛り上がりだけは外してほしくない。そこさえ外さなければ、もっといろいろアニメ的に面白くできる出来る原作だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 感想

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー