AX
新ブランド BaseSon Light 最新作『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』応援中!
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-04-02(Sat)

大切なものを大切だと気がつけていますか?

「Kanon ~彼女たちの見解~」感想

原作半分ほどプレイ済み、アニメ視聴済み


さすがにここからKanonを手に取る人はいないとは思いますが、原作とかのキャラの配置やシナリオのことを知っていないとつらいかと思います。


一応続きはネタばれ注意ですが……もう10年以上前の作品なのでねぇ このエントリーをはてなブックマークに追加


祐一と佐祐理さんの二人の視点で物語は進んでいきます。もともと佐祐理さんのシナリオは舞シナリオの分岐のようなものだったので、その展開自体はそのままです。ただ、舞シナリオと違い、舞のほうの気持ちに関してはあまり掘り下げません。あくまで今回の主役は佐祐理さんです。

原作はほぼ全てが祐一視点で進みますが、それだけでは描けなかった部分というのが佐祐理さんの視点で補完されていきます。いろいろ追加されていたところがありますが、各ヒロインと佐祐理さんの出会い、最後の夜の学校の二つが大きなところでしょう。それと、佐祐理さんの自分を卑下するところを強く描いている感じがします。

読み終わって持った印象は「誰かを助けようとすること」って感じですね。ちょっと他作品から引用しますけど「自分よりも大切なものがあるから厄介だ」。
誰もかれもがいろいろなことを経験し、考えて生活している。そんな中、関わるべきことと関わらないほうがいいことがある。


舞と佐祐理さんの関係の深さと危うさ。
佐祐理さんが墓の前だと安心するというのは一種の自傷行動なんでしょう。「痛み」を忘れてないんだと自分に言い聞かせ、その痛みに浸る。自分の痛みに酔っているだけじゃ人はいつまでも何もできない。


三人でいたから前向きにつながることができた。舞と祐一、裕一と佐祐理さん、佐祐理さんと舞、それぞれのペアでしか言えないことがあったし、わかりあっているものがあった。舞と佐祐理さんの二人だけでは、佐祐理さんは自分の傷を見つめること、舞は今の自分の居場所を作ることしかできない。二人とも自分を傷つけることで違う自分になろうとしていたのだから。


自分は手を離してしまったが、掴もうとした佐祐理さんだから舞のことをわかってあげられる部分もあった。何も言わないけど心優しい舞だから佐祐理さんのことを救っている部分があった。物語の鍵であり、他人のために本気になれる祐一だから二人のいびつさを認めて前に進ませることができた。誰にだって、認めたいことと認めたくないことがある。それと同時に認めなければならないことがある。自分ひとりじゃ気がつけなかったことも、二人なら、三人なら気がつくことができる。助け合うことができる。
佐祐理さんに必要だったことは気づくことだったのかもしれない。自分のこと、周りのこと。ずっとずっと遠くからしか眺められなかった、近くも見えない部分があった。

繰り返し繰り返し、日常が少しずつ変わっていく。そしていつのまか、欲しかったものを手に入れている時が来るのかもしれない。ただ、手に入れたことに気がつかないのかもしれない。


奇跡の部分についてはガン無視させていただきます。話がややこしくなっていきそうなので。

なんかこの小説の感想になっていない感がしますけど、これしか書けませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

tag : key 感想

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
景の海のアペイリア laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。