AX
新ブランド BaseSon Light 最新作『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』応援中!
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-02-14(Mon)

リトルバスターズ!エクスタシー 沙耶シナリオ感想

構成なんか気にしない。勢いで突っ走る。

沙耶は面白い子ですねー。好きですよこんなキャラ。いろいろ不器用で暴走特急。物語後半での沙耶はツンデレなんですかね? ツンデレの定義がよくわからないのでどうだか知りませんが。


リトルバスターズ!エクスタシー沙耶ルートのネタばれありです。リトバス全体のことについても触れているので注意してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
上手いな、というのがプレイ中の感想です。世界の構造を上手く使ったシナリオの構成の仕方。ゲームマスターを倒そうとする物語とは。そして、理樹を強くするという部分も踏まえられている。

それにしてもゲームブックですね。麻枝さんの原点か?



沙耶が生きているのか死んでいるのかは特に問題ではありません(なんかこれAB!でも同じこと言っていた気もする)。すべては可能性の物語。人生が自分で選んでいけるように、物語の結末も自分で選べる。プレイした人が沙耶の笑顔を望み続ければ、沙耶はきっと笑顔のまま。
ちょっと自分が言いたいことだけど、自分が思ったことを大切にしてほしい。人の感想を見て左右されるのではなく、自分の意見を主張し通そうとするのではなく、あなたが思ったことを大切に信じていて。
はい、これが自分の押しつけの意見でした。


最後の沙耶と父親の場面を妄想と切り捨てる人もいるでしょう。けれど、あれは本当にあったことかもしれない。事故が起きる前の話かもしれない(あやの昔話にあったできごと)。事故が起きた後の話かもしれない(日本に戻ってきてまた遊んでる)。事故なんて起こらなかった場合の話かもしれない。
あやの長い夢をただいろいろな視点で見ていただけかもしれない。


あやが望んだものは友達と遊んだり、学校に通うという日本では普通のこと。楽しいことがしたかった、幸せになりたかった。ただ遊びたかった女の子がいて、その子と遊び、戦い、恋をした。それだけの話。あの世界での別れは必然。立ち止まってはいられない。永遠が一瞬なのか、一瞬が永遠に勝るのか、それはあなたの考え次第。


タイムマシンを選べた沙耶が、自分の死を選んだのは、これが夢だったからかな。夢を現実にすることを拒否した。現実というどうしようもない基盤が存在していることは事実なのだから。夢はいつか終わらなければいけない。ゲームはいつか終わらなければならない。(そういうことを考えると昔の無限にループするゲームの魅力っていうのがわかった気がする)


リフレインがあって、沙耶シナリオがある(設定からしてそうだけど)。恭介が理樹たちを助けるためにいろいろと努力したのと同様に、理樹は沙耶を助けた(意図するしないにかかわらず)。プレイヤー≒理樹である。あなたは沙耶を助けるためにいろいろなことをした。そして幸せを与えることができた。その後はもう見送るしかない。Episode リトルバスターズ!のように。あなたは恭介になれましたか? 見送る側になれましたか?
好きな人を幸せにしてあげたい。そして自分も幸せになりたい。だから起きたすれ違い。
(そんなこと考えてたらAB!についてもっと語れるんじゃないかと思えてきた)

理樹と鈴が二人だけ生き残るルートでは、理樹は鈴のことを見守り励ます役目を負った。沙耶ルートでは励ます役割は恭介だった。そういうことを考えると、恭介、理樹、鈴、沙耶、のそれぞれのキャラクターの持っているものを、他の視点で見せていってくれたのが沙耶シナリオだったのかもしれない。



恭介が沙耶と関わるなといったのは、ここにはいない人(現実で例えれば二次元)との関わりであったからか。どれだけのめり込んでも、助けようとしても、結果は変わらない。けれど理樹には得たものがある。
逆の話で、沙耶自身も自分と出会うルートはバッドエンドとつぶやいた。沙耶も理樹との関わりには何の意味のないともいえる。けれどやはり得たものがある。
夢から覚めても、夢の内容を忘れてしまっても、心に残るものはあるから。それを生かすのも自分次第。どんなものにだって人生を左右する力はある。大切なのはそれに気がつくか。



EDから
臨死状態でいたあやは、リトルバスターズ!の世界を見つけた。それは場所が近かったから、理樹とつながりがあったのか、たまたまだったのか……。ただそれでも、沙耶はイレギュラーだった。あの世界には、あの事故に巻き込まれた人間しか存在してはならないはずだったから(一緒にはいられないという意味で)。

雪の中にいた沙耶は、最後は暖かな草原の中にいる。冬が過ぎれば、それは春。





最後のCGに鈴がいなかったことですけど、個人的にあまり考える気がないのでそのままで。特に何も言いません。

リプレイとかのゲームシステムについても特にないです。ループした時とか、製作者はどの程度読むのかわかってるのかな?とか疑問に思ったりしたけど。ギャルゲーの共通ルートとかもそうですが、同じものを読む、読みとばすっていうのはいろいろ難しい部分だなあ、とかそんなところ。ただ、CLANNADで悪かったところが直ってた。既読の部分の後に十分な新規のテキストをはさんでからの最後だった(直る……って言い方は変かも知れないけど)。
関連記事
スポンサーサイト

tag : key 感想

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。