AX
新ブランド BaseSon Light 最新作『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』応援中!
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2010-12-04(Sat)

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

とてもいい映画でした。テレビ版を楽しめた人は映画も楽しめるかと思います。ソレスタルビーイングが正義として書かれているのが納得いかないとかいう人は見ないでいいと思います。



注 ネタばれありです

このエントリーをはてなブックマークに追加


私は映画館に見に行く前にいろいろな所でネタばれやら感想やらを見てから行きました。ネタばれの段階で期待していましたが、実際見てみたらその期待以上のものでした。もしかしたらネタばれ見てから行ったほうがいいのかもしれませんね。下手したらわけがわからなくなりそうですから。もう一回見に行く予定なので追記するかもしれません。

まず見て感じたのはいろいろな所で言われていることが、ほとんどが納得できることに驚きました。「戦闘が早すぎる」「戦闘が少ない」「デカルトがかませ」「ラストが意味わからない」「話したくなる」(ガンダムじゃないっていうのはちょっと置いておきます)。



音楽
とりあえずOPはどうも印象が薄い。ただ、BGMはすごい。00が00でいられる音楽だった。ヘタをするとばらばらになってしまいそうなシナリオを、強制的に「力」でねじふせている感じ。
挿入歌は……入れ方が微妙。あそこで入れる意味は分かるんだけど盛り上がった雰囲気が崩れてしまったように感じてしまった。テレビ版のときも同じようなことを感じましたが。
EDはすごい。曲自体いいと思っているけど入り方がすごかった。入りが語りかけるような感じでよかった。恥ずかしいまでの分かりやすさだけど、シナリオもそう。




シナリオなど全般
シナリオはSFとして物語を書いている感じが強かった。
OPはあれは水戸黄門とかを思い出すようなものでした。個人的には特撮系を思い出したのですが、他にもいろいろ特撮っぽいと思った部分がありました。特に恐怖の演出。相手がいったい何なのかがわからずに、ただ脅威だけが迫ってくる。ルイスが叫ぶあたりでは、すごい恐怖を感じるまでだった。ニュータイプのほうのインタビューでも言っちゃってるんですけどね。他に似ていると思ったのは圧倒的な存在感。見ていてプレッシャーまで感じたということ。

このシナリオってある意味、小学生にでも書けると言われそうなものですよね。「争うのではなく会話して解決しろ」そんなところ。ここまで単純だからこそできる、真っすぐ向かってくる感じ。だからちょっと斜めに見れば簡単に茶化せるんですよね。



ガンダムとしての00
ガンダムというブランドについては思い入れとかこだわりとかもあまりないので、これについてはそんな人間の視点です。
今回は人と人ではなく、人と異星体(?)。言葉を持たない、個人的にはこの映画をガンダムとしてやったことが大切とは感じました。ガンダム好きな人同士で、討論ができるというのも面白い。



デカルト・シャーマンについて
かませとか言われてますが、そんなことはありません。映画に登場する刹那以外のもう一人のイノベイター。イノベイターは人類が進化したもの。しかし、デカルトは誰とも理解し合おうとしなかった。人類を劣等種と呼び見下し、自分の有能さに酔っているようにも感じた。それは、イノベイターもまた人間という範疇から外れていないものであり、環境などの影響を受けているということがわかる。

イノベイターであっても人間であるというのは、ED後の空白の時間の鍵となる。途中大統領? と側近の会話の中であるように、新人類(イノベイター)と旧人類との能力などの差で争いが起きることが危惧されている。やはり分かりあうことに大きな壁が会ったのだろう。もしかしたら戦争にまで発展したのかもしれない。ただ、そのED後の空白は当然あの映画の中で描くべきものではない。

デカルトの存在は映画の中の『分かりあう』ということの負の部分を一人で引き受けていた。映画という2時間ほどの短い中では、そんな負の部分まで描くことは難しいだろう。ただ、デカルトがいることで、この後の展開に楔を打ち込み、負の部分を想像させることができた。




刹那のたどり着いた場所
(ここは適当です。テレビ版がどうだったか忘れているので)テレビ版は確かずっと人はわかりあえないのだから力と恐怖によって……って感じな部分はありました(よね?)。それで、マリナ姫は力では何も解決できない。人と人は会話をすることでいつか分かりあえるということでした。二人のたどり着きたい場所は同じだったが、その道は一致することはなかった。映画で求められたのは「分かりあうための力」、言葉を超えたもの。力も意思もすべてが必要。ある意味ELSよりも分かりあうことができていなかった刹那とマリナ姫。分かりあうことができなかったのは、どちらも「相手の考え方だけでは変えることができない」というところだったのかな。
ELSとの戦い(対話)によって得られたのは、「自分の考えだけでは変えることができない」というところだったのかもしれない。


まとめ

機動戦士ガンダム00は対話のためのガンダムだった。

どうでもいいこと、スメラギという名前を付けたのは……。その名前をつけた理由は視聴者側が想像するとしたら、もちろんあのスメラギさん。けどスメラギさんはどこをどう見ても犯罪者ですよね。ソレスタルビーイングは歴史の表に、いいものとして名前を残してはいけないと思うのですが。
関連記事
スポンサーサイト

tag : メモ 感想 アニメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
景の海のアペイリア laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。