AX
新ブランド BaseSon Light 最新作『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』応援中!
2011-02-11(Fri)

ONE ~輝く季節へ~ 第1話「雨の章 茜・詞子」

おもしろいですよ……たぶん

ONE ~輝く季節へ~ 全集 [DVD]ONE ~輝く季節へ~ 全集 [DVD]
(2008/02/29)
川澄綾子、寺田はるひ 他

商品詳細を見る



原作未プレイです。ただ、原作とまったくと言っていいほど違うということは知っています。
とりあえず私は面白いと思いました。雰囲気がいいです。ただ……ちゃんとお金出して買う出来かと言われたら……微妙ですね。

Rewriteでミドウのキャストが保志さんだったのでちょうどいいので記事完成させました。(氷上シュンは保志さん)

死の雰囲気が付きまとうような怖さが魅力とか思ってたんですけど、今はちょっと違う感じに。

シナリオが意味不明だったので、自分なりにいろいろまとめてみたりしてみます。わかりにくいですけどこれは自分のメモでもあるので、考えの推移がわかるようにしています。


バスの役割はいったい何なのか
まず情報を整理すると、バス停の名前は『逢魔ヶ辻』、学校側に向かうときは『別れ径 行』、反対側に向かうときは『戻り橋 行』。バス停の名前からして何かが交差する場所でしょうか。

浩平が学校側に向かうバスから降りてきたのが一回、乗るのが一回。反対側に向かうバスに乗るのが一回。
茜は、学校側に向かうバスには関係していない。反対側に向かうバスには一度だけ乗る。
茜はバスに乗っているときに浩平のことを思い出した。

やはり行き先の名前の通りの意味を持っているように感じる。記憶が戻る、元に戻る、そんなところ。バスはそれをわかりやすくするとともに二人を隔てる壁になる。

戻り橋=永遠の世界? に近いんじゃないか思う。

とりあえずあのバス停のある場所は『境界』であるはず。


茜が描く絵本について
内容を簡単にまとめると、木に登れないサルがいて、美味しそうな柿を見つけたけど木に登れないから食べられなかった。そこに猟師が来て木を切り倒し、いくつかの柿を持って帰った。しかし、サルは残っている柿を食べなかった。
木を切り倒すときが、まるで殺すかのような音と絵だったことも注意すべきところです。

茜が説明しているのでサルが柿を食べたかったのは間違いないです。ならばなぜ食べなかったのか。それはこれ以降で。


柿とは
何度も印象に残る登場の仕方をするのは空き地の柿の木。柿が何を意味しているのかわかりかねるのですが、私個人のイメージとしてはカラスと合わさることで、墓場のイメージがあります。
ということは上のサルの話ですが、サルが柿を食べなかったのは柿を殺すのが怖くなったからではないかと感じます。


茜が待っていた人間は、折原浩平なのでしょうか? それとも別の誰かなのでしょうか?
「ずっと待ってた。幼馴染だったんだ」という茜のセリフは浩平に言っている。けれど、幼馴染ならば浩平が忘れるはずはない。そして、渡すはずだったプレゼントを浩平にあげている。本来ならば渡す相手ではない浩平に。
よって話には登場しない『誰か』が存在しているはずです。それがこの話をややこしくしてしまっている原因の一端でしょう。



話をわかりやすく勝手に妄想を入れながらまとめなおすと

(描かれてない部分)茜と『誰か』は仲が良かったけど、『誰か』は永遠の世界に行ってしまった。茜はプレゼントを渡せない。

(ピアノを弾いている誰かを見たときの記憶)茜と浩平がであった?(二人とも制服が夏服なので冒頭よりは前でしょう)

茜と詩子があるいている冒頭部。このとき浩平のことを忘れかけている。(制服は冬服になっているけど柿の木はまだ葉がついている。詩子が茜のことを「ここのところ落ち込んでる」といってるから記憶との戦いがあったとか)

ピアノを弾いている姿を見て何かを思い出しかける。

空き地で佇む茜に浩平が傘を差し伸べる。(ただこの時浩平が茜のことを忘れているというのが……出会ったというだけで、特に交流がなかった? 約束が何をつなげているのかわからない。浩平は普通に忘れていて、茜は永遠の世界のほうの意味で忘れていたとか……(強引))

絵本の話(柿の木は『誰か』との約束のようなもので、柿が記憶だった。柿が取れる状態になっても『欲しい』というそもそもの考えを忘れていたがためにサルは柿を食べなかった)

詩子が日誌を渡してきたのはシュンの策略?

ちゃんと茜は折原浩平と出会える。

「今度は僕が待ち続ける」というのはまた会えるのを待つということ?

結局、茜は浩平のことを忘れてしまう。雨が雪に変わり、空き地に建物が立ったように変化は無情にも訪れる。


物凄く無理矢理ですがこんな感じじゃないかと……

いろいろ書きましたが自分自身全然わかっていません。これから風、雪、桜と書いていく予定ですがいつになるかわかりません。できればこのOAVの答えを探っていきたいんですが……見ている人がほとんどいないので……。



【メモ】
氷上シュンは折原浩平のことを覚えていてくれる人を作ろうとした。
茜は折原浩平のことを知っていたけど忘れかけていた。氷上シュンのおかげで思い出すことができた。
柿の木はカウントダウン
描かれた世界こそが永遠の世界で、現実ではないんじゃないかという考えも出てきたけど……
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
景の海のアペイリア laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー