AX
新ブランド BaseSon Light 最新作『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』応援中!
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2010-06-23(Wed)

Angel Beats! EPISODE.11 Change the World


このエントリーをはてなブックマークに追加
あの影は直井の影から出てきたものと、NPCが変容したものと二つあるがそれは同じものなのだろうか。見た目的には同じように見えるが…。そもそもあれは直井の影から出てきたのか、直井の影が変化してでてきたものなのかもわからない。


部屋を捜索する時にちゃんと天使に確認をとるのが、天使を人と認識したゆりの配慮なのだろう。以前のままならば勝手に捜索していただろう。


戦闘シーンは綺麗だが、全体が見えてこない。そして動き過ぎで画面が粗くなってしまってるBDではどうなるかわからないが…。(TKはやっぱりいいな…)


高松の魂は結局どこに行ってしまったのだろうか。肉体だけがあの世界に残り魂は現世に生まれ変わったと考えることもできるのかもしれない。


高松が消えてしまうことを日向が心配しているのは、ちゃんと自分の人生に決着をつけてほしいからなのだろうか。

音無が日向より目立たなかった気がする。ゆりとの関係やセリフの量から来るものだろう。音無が話の中心であることは変わらないが、その音無を支え、物語を進める役割を持ったためとも考えられる。



今回のEDはきれいすぎるぐらいきれいだった。それぞれのキャラが生前と死んだ世界で感じたこと、経験したことを思い返し何かを決断する様子が綺麗に表現できていた。ここがエンディングだったのはすごく気に入った。




かなでが人であることと、何かがあって死んだ世界にいることが判明した。ならばなぜAngel Playerを扱うことができたのだろうか。戦線メンバーに使い方を教えれば影との戦いも楽になった可能性があるのに。やはりかなで以外がAngel Playerを使わないことが気になる。




最後のNPCと思われるキャラクターが銃について一切つっこまないのはなぜなのだろうか。モデルガンとでも思っているのか、銃だとわからないほど耄碌しているのか(暗くて見えなかったというのはないだろう)。生徒のNPCは野田のハルバートなどにおびえていたので常識は持っているだろう。あの老人はあの世界のものを管理することだけが役割だからという考え方もできるのかもしれない。



今回の最後でラスボスに迫っていくドキドキ感とラスボスがいったい誰なのかというミステリーの要素がでてきた。次の話への引きとしての効果が出ている。だが、いろいろ急過ぎるので誰が犯人だとしてもブーイングが起きるのが目に見えている。個人的には戦線のメンバーに犯人はいないと思っているが、ここにきて新キャラがでてくるとしたら、その人間はなぜここにきて急にこんなことをし始めたことがカギになってくる気がする。



なぜか影は殺す?ことができた。あの世界で人間は死ぬことができないのであれはやはり人間ではないものということだろう。以前魚を殺して食べることができたのでそれと同じ扱いなのだろうか?だが影は0と1でできているから天使のガードスキルと同じでAngel Playerによるものなのかもしれない。



ヒトコト
今回の話は全体的に次の話への盛り上げ回のような感じがした。

戦線メンバーが集合してる時の作画が固い気がするんだよな

守れやしないと言いつつ守ろうとするゆりっぺ

いい加減ゆりは相談するという選択肢を持ったほうがいいのではないか。

ゆりは世界全体に目を向けてメンバーのこともしっかり見れている?
関連記事
スポンサーサイト

tag : key 感想 アニメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。