AX
2011-03-30(Wed)

魂を燃やせ ロックンローーール!!!

青春恋愛ロックンロールADV

DEARDROPS


つまんない腐った空気はブチ壊せ!





DEARDROPSDEARDROPS
(2010/06/18)
Windows

商品詳細を見る


ディアドロップス ディストーション(限定版:PSP版特製ヴォーカル曲音楽CD、特製ギターヘッド型ケース(PSP本体が収納可能)同梱)ディアドロップス ディストーション(限定版:PSP版特製ヴォーカル曲音楽CD、特製ギターヘッド型ケース(PSP本体が収納可能)同梱)
(2011/03/10)
Sony PSP

商品詳細を見る


ディアドロップス ディストーション(通常版)ディアドロップス ディストーション(通常版)
(2011/03/10)
Sony PSP

商品詳細を見る



うだうだ言う奴なんて目の前で爆音鳴らして吹っ飛ばしてやれ!!!


<PC版公式ページ>(18禁)
<PSP版公式ページ>
このエントリーをはてなブックマークに追加

続きはまともな紹介


楽しいことを探してるならとりあえずやってみろ


この前DEARDROPS DISTORTION 限定版を購入し絶賛プレイ中。
今のところ体験版の部分ぐらいしか終わってないけど、ムチャクチャ面白い。ずっとずっと笑いながらプレイできるレベル。本当に今やりたかった物語がここにあった。個性的なキャラがぶつかり合って、馬鹿やって、本気になって、ぶち壊して作り上げて……。テンションあがりっぱなしだあああああ! (りむるんが好きです)

内容は単純に音楽始めて、バンドメンバー集めて、ライブする話。体験版だけでもやってみることをオススメする。まあ、それから先は自由。やりたい人は買えばいい。責任は持たないけどね。


体験版が公開されてるから、とりあえずやってみれば? 時間はボイス適当に聞いて5時間ぐらい。OPと劇中歌の二曲がある。それと、ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」も、かな? 聞けばわかるさ。

当然だけど、PC版は18禁。体験版も18禁。そこんところは理解しとけ。


それとキラキラもオススメ。これも青春恋愛ロックンロールノベル。同じく体験版しかやってないけど、最高に面白かった。<公式ページ>←これはメーカーのほうね。そこからは自分で探して。


(動画はPS2版だけど)


話は変わってAngel Beats! のゲーム。ガルデモのライブの演出も魅せるものになって欲しいな。シナリオの関係もあるだろうけど、わくわくが止まらないようなライブが一回ぐらいあってもいい。

閉じる

スポンサーサイト
2011-03-28(Mon)

B.G.Mfes質疑応答相談​配信のまとめ 3/29追記

こちらで話された内容を独自に編集したものです。後で公式ページにも書かれると思いますが、一応記事にしておきます。

視聴者がコメントで質問し、bambooさんがそれに答えていくという形式なので、まとめたほうがわかりやすかったので。

時間がある方はできるだけ見ておいたほうがいいと思います。


フェスなんだフェスティバルなんだ祭りなんだ


コラボについて
・こんなコラボが聞きたいとかあったら、公式Twitterアカウントに応募が欲しい。できるだけ今月中に。
・キーの問題とかがあって、1番本来の歌い手で2番からコラボとかは難しい。
・メーカーとアーティストにつながりがある人を採用したい。無関係だとしらけちゃいそう。

ニコ生
・ニコ生での配信あり。チケット代はチャリティとして寄付する。2000ポイント予定。
・ニコ生は一部のゲストはカットさせていただく(だいたい2、3曲ぐらい)。

・被災地の方々には無料で見えるようにしたいけど、技術的に可能かどうかはわからない。
・ちゃんと配信チーム入れるので、音質は悪くはない。お金を取るだけのものにはする。
・タイムシフトは一週間ほど残しておく予定。視聴は一回のみ。

物販
・ライブ自体は赤字だから、公式グッズをどうしても買ってほしい。
・公式グッズ通販あり。ライブ翌日からコスパで予定。バッグ以外は絶対にいきわたるようにするから焦らなくて大丈夫。
・終了後の物販なし。
・物販は12~18時予定。
・アリスソフト以外メーカーごとの物販はある。
・チケットで優先というのは今のところ予定なし。
・バッグに関しては150個?
・コスパがサイリウム売るかもしれない。
・物販は坂の上の駐車場に並ぶ。雨降ってもそこでやる。
・始発に乗ってきて並び始めるのはOK。詳しくは公式で公開する。
・列形成については4月上旬に詳細を公開する。
・メーカーごとでグッズ発表。各メーカーのほうはメーカーに任してる部分があるので、そちらで発表。
・当日の様子はTwitterを使って宣伝する。(忙しくてできないかも)
・公式グッズは一限

ライブの注意
・モッシュとダイブ禁止。酷い奴は追い出す。
・エリア分けはそろそろ発表 オタ芸と普通に見る人で分ける予定。一応策は作るけど移動は自由。ただし、演奏中の移動は勘弁して欲しい。
・女子エリアは一応あり
・サイリウムOK
・サイリウムの長さとかは常識で判断。
・当然、徹夜禁止。

ライブ内容
・セットリストは30曲オーバーの予定
・ライブの時間は4時間切るぐらいにはしたいと思っている。9時前におわりたい。(要するにすぎるのが確実と思われる)
・なるべくシンガーに歌ってもらえるように調整
・NANAさんに関しては、波形レベルでそっくりな方が来る。
・bambooさんは歌わないで裏方に徹する。milktubとしての出演はなし。裏方と両立は不可能。
・生バンド
・登場する人は総勢10~15人
・画面に映像を映したりする演出は今交渉中
・インスト曲なし
・基本的には18禁のものの歌限定
・アニメでも関連のある奴しか歌わない
・エロゲ曲95%予定
・グリグリとかはなし(回が進めばあり得る)。今回はOVERDRIVEとして。
・メドレーはVol.1からやっていきたい
・美少女ゲームOP第一号であるToHeartのOP『Brand-new Heart』は歌う。Leafに頼みに行った。予習必須。
・司会はなし。アーティストまかせ。
・社長がそろって話したりはしない。(暴走しだすので)

ライブ前
・当日券は2、30枚。人数が多かったなら抽選になる。
・4、5時ごろから当日券に関して始める予定。
・花を贈るぐらいならそのお金を募金にまわしてください
・一般販売チケットとメーカーチケット列は別

BGMに関して
・また後で生放送をやる
・いろいろなメーカーに行ったけど、98%ぐらいは応援してくれてる
・Keyとかニトロとかageとかあかべぇとか呼んでやりたい。
・48時間耐久のいくつかのステージでやるのを目指してる。
・新人の人が出れる場所になれたりしたらいいと思ってる
・次のBGMは来年。
・去年の三月から企画してた
・チケット代をもっと安くしたい。5500円ぐらいを目指す。
・本当に楽しく騒いでお祭りみたいにできたらいい。

その他
・ライブDVDの発売はない。権利関係とかいろいろあって無理。
・途中で帰ったとしてもバッグはもらえる。
・停電に関してはどうなるかわからない
・車椅子の人などは対応する。2階席になりそう。ただ出来るだけ事前に連絡しておくこと。
・募金箱は設置する。募金はライブ前によろしく。
・テーマソングは作るかどうか悩んでる。作るとアニサマみたくなっちゃうし、権利的にもややこしき唸る。
・佐藤ひろ美さん、桃井はるこさんは歌いすぎていてメーカーでくくれないからピン枠で参加。



追記
・公式グッズに不繊布バッグ追加。値段は3、4000円(公式で)。美少女ゲームが大好きだ!!と書かれている。
・当日券の人もバッグはもらえる
・もらえるバッグは全メーカーチケット共通
・ドリンクの販売はある
・ワンドリンク制ではない
・ネットチケットのほうもある程度売れないと
・OVERDRIVEは電激ストライカーの体験版を配布
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-03-27(Sun)

リトルバスターズ!エクスタシー 佳奈多シナリオ感想

うーん、ツンデレ(というか素直じゃない)というものの魅力に落ちた気がする。
というのは置いておいて、いろいろと謎なシナリオだったなあ。葉留佳シナリオがあって、佳奈多シナリオがある。プレイした後にいろいろ考えることを強要されているような。

なかなかに面白かったとおもう。ただ、城桐さんは物語の長さと展開の上げ下げがマッチしていないと感じる。単純に言うと長め。これが改善されたらもっと気持ちの盛り上がり方とかがよくなる気がする。

葉留佳シナリオで得たものを踏まえ、佳奈多シナリオがある。葉留佳が多くのことを考えたように、佳奈多も多くのことを考えた。片方だけじゃダメで、両方がいないと。

リトルバスターズ!エクスタシー佳奈多ルートのネタばれありです。リトバス全体のことについても触れているので注意してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加











概念、観測という言葉で解説している人がいますけど、その通りで思い込みの話だったんじゃないですかね。人間は『こうだ』と思った時点で自分で自分に制限をかけてしまう。ただ、思い込みは自分を変える力はあっても、決して現実を変える力はない。いつだって現実を変えることができるのは自分の力だけ。「嘘」は「嘘」だと思っているから嘘なのであって、「嘘」と認識されなければ、それは真実にすらなりうる。
コナンでもありましたね。包丁を研いでるおばあさんの話(わかってくれる人だけ分かればいいです)。

自分の夢を成し遂げるためにすべきこと、人の傷を知ってしまった時の反応、そんなのは状況の些細な違いによって対応を変えるべきものなので突っ込むところはないですかね。


なんで佳奈多シナリオをプレイした人が『佳奈多はNPC』かどうかといった議論に花を咲かせているのかようやくわかりました。考えろと言っているようなシナリオですから当然ですね。

とりあえずわかってることとしては、虚構世界の中(沙耶を思わせるもの、どうにでもできる発言、先には闇しかない、その他多くのセリフから)、葉留佳シナリオの後(優しさをもらったという話)、葉留佳シナリオを終えた後には葉留佳は退場している可能性がある。

ここで、佐々美シナリオを考えると、虚構世界は思いが作る世界。そこにいる登場人物はマスターが選ぶことができる。

佐々美シナリオの中で、葉留佳と佳奈多が普通に仲良く話すシーンがある(現実世界のまま? マスターは関わっていないからそうなはず。ちなみにそちらでは佳奈多は風紀委員の腕章をしていない。佳奈多にも好きな人がいる可能性があり、それが理樹だとしたら……)。

ここまでいえば私の考えわかると思いますが、佳奈多はNPCではなく普通の登場人物。ただし、世界を構成する一人というわけではない(ちょこちょこした設定には関わっているだろうが)。佳奈多を呼び寄せることにしたのは葉留佳。忘れてしまうのかもしれないけど、優しさに触れてほしかったから。
だから、佳奈多シナリオの佳奈多だけが普通の登場人物。他のシナリオの場合NPCという可能性がある。黒服撃退までが虚構世界。その後の佳奈多奪還は現実。その間にある謎の語りは虚構と現実のはざま。虚構から消えるから『みんな、あとはがんばれーっ』と言葉を残した。(現実で)目が覚めた時、佳奈多はいてくれた。そこから紆余曲折あって、佐々美シナリオのあの部分にまで行きついたんじゃないかな。

葉留佳が途中でいきなり暗くなったのはなぜだろうかって問題もあるんですけど。おそらくそこまでの葉留佳はNPC、あそこからは本人になったという仮説を立てています。


一応のクリアをしてからしかやることのできない佳奈多シナリオ。だからこそ、個別に入った後でも他のキャラを普通に出したりできるというのはよかった。

佳奈多シナリオから離れてリトバス全体の話。出てくるキャラのほとんどが2年生。だからこそ描けたものがあるけど、だからこそ得られなかったものがある。横のつながりは色濃く描けても、縦のつながりがどこかに行ってしまった。下級生とかいたらもっといろいろ妄想できたりするのに。

それと、主人公の持つ傷は交渉材料のようになっちゃってる感じがして、卑怯かなとか考えた。いくらヒロインが傷を持っていても、主人公も似た傷を持っていたら「僕も……」っていう考えがどうしても頭をよぎっちゃう。ただの傷のなめ合いに見えてしまう時もある。


キャラソンについて
raison
クリアして初めて歌詞をちゃんと聞いて読んだんですけど、けっこう強烈なこと言ってますね。
「信じていた」「信じている」「信じられる」
過去、現在、希望。

ピクルスをおいしくするつくりかた
誰かにとっては要らないものかもしれないけど、誰かにとっては大切なもの。普通じゃわからないことでもやってみればわかる。話してみればその人のことが分かるように。思い込みじゃなくて。

城桐さんの作詞の腕前はいいですねえ。

閉じる

2011-03-26(Sat)

劇場版 ブレイクブレイド 第六章 慟哭ノ砦

kaiIMG_3751.jpg


ブレイクブレイド……第一章公開から一年ほど。私はBS11で放送されたときから興味を持った者ですが。終わりが訪れましたね。


ということで、池袋でやったブレイクブレイド一挙上映前夜祭に行ってきました。ネタばれなしの感想から。


最後まで圧倒される物語でした。一言でまとめると上にあるライガットとデルフィングが写っている絵のようでした(言葉じゃないし)。なんというか、一章から五章までを踏まえて、ここにきてアニメスタッフの想いによって作り上げられた作品になった感じがします。個人的に二次創作感がバリバリですが、「これでいいんだ!」と思わせるようなものでした。もう、ここまで来れたことがすごいと感じてしまいます。

映画館は最高ですね。音がもうビリビリと伝わってくる。興味のある人は絶対に劇場で見ることを強く強くお勧めいたします。

舞台挨拶で見どころを解説していたのでそれも書いておきます。

総監督のアミノテツロさん「どのキャラクターも最後に何かがある」
監督の羽原信義「雨のビノンテン。今までとの違いを感じてほしい」
プロデューサーの大河原健さん「市街戦。爆発しないということ」

一視聴者である私が思う見どころは「ライガットの見ているものと、表情の変化」ここです。それと、ロボットもののお約束があったり、少年少女だけが戦うのではない魅力。

ブレイクブレイドという劇場作品があったことを忘れない。

完全にネタばれなんですけど個人的にはこれを知っていたほうがいいと思うことがあるので反転させて書いておきます。見るも見ないも読んでいる人の責任です。
表面的にはほとんどの問題や伏線を無視した結末となっています。これを知っていることで見えるものが違ってくると思います。

ネタばれありの普通の感想はは続きからです このエントリーをはてなブックマークに追加










最後に付け加えるセリフは「始まるんだ、ここから」ですね。きっと多くの人がこの言葉を思い出していたと思います。


圧倒的な物量。印象としては丸々戦闘をしていたようにも思える最終章。最後の力、デルフィング第五形態。あの戦い方をグワングワン動かして、なおかつ泥臭さのようなものを見せながら描ききったスタッフに最高級の感謝を。

夜、朝焼け、雨と変わっていく背景にも大切な要素。ここでも圧倒的なものを感じさせる。

OPは最後ということで一部変更あり。そのカットは最終章らしくOPの強さに拍車をかけていた。(第四章で変わるっていっていたのはこれのことだったんですね。どうせやるなら最後でということで今回やったそうです。)

アニメオリジナルの結末ですが、個人的には一つの作品にするならもっと初めのほうからいろいろいじったほうがよかったんじゃないかなって思っていたり。スタッフの熱意がこもりすぎちゃって、ちょっと外れちゃっている感じもする。この結末ならばもっといじっといたほうがいい部分はあった気がするんだよなあ。

細かいことを言えば、ガンダム00と違った意味で戦闘が把握しにくかったり、作画が崩れてるのかな? と思うようなところもあったけど、あの怒涛の雰囲気で気にしないレベル(後で見たパンフのライガットが気になる。ライガットっぽくない)。BDでさらなるクオリティアップをお願いします、と地獄の言葉をつむいでおく。期待してますよ!

(パンフレットのインタビューで言ってる第五章の見張りってアレですよね、あのみんなで食事をとっている時後ろのほうの高いところにいる人たちのこと。今回の上映で気が付きましたよ。パンフレット読む前にですと言っておく)

市街戦が始まり、雨が降り、日常を重ね破壊されていく様子には胸を締め付けられるものがあった。慟哭の砦、その涙は雨となって降り注ぐ。その涙にうたれるも、何も気がつくことのない登場人物。ただ、その雨にうたれた者は、戦いが終わった後それぞれ思う何かがあったはずだ。



一輪の花として――



登場人物の何人かについてそれぞれ感想を書いていきます。


ライガット
第五章で問われたこと「なぜ戦うのか」、自分をかばって死んでいったジルグ、そして最後の言葉。折れかけていた心を救ったのは、今まで生き見ていたことにすぎなかったのだろう。結局ライガット自身の口からは戦う理由は一切は語られなかった。見つけたであろう理由はどこに。
理由はきっと生きて、感じたことすべてではないだろうか。感じてきたことすべてを守ろうとした。だから最後の戦いでは逃げず、無駄なことは切り捨て、泥にまみれ傷つき這いつくばりながらも戦いをやめなかった。『守りたい』というただ一心で。
最後は泣きながら敵を討つしかなかった。当然あの姿にはジルグも重なっていただろう。それでも討つしかなかった。それは自分を撃ってくる。殺すまで殴ってくる。そして仲間まで殴り続ける者であったから。
そして戦いは続いていく。悲惨と多くのものが理解していても。その流れはやむことがない。そんな中でも希望を見つけ、守り、抗い続ける。


シギュン
ライガットを約束を守って戻ってくることを信じる姿は……。想いを守り続ける。見るものは自分で決める。
守る意思は全て大切なもののため。硬い想いでできたものは、決して砕けることを知らず。ただそこにあるだけで力を与え、守るものとなる。
ライガット、ホズルとの関係は結局明かされることがなかったですね。


ホズル
運命に抗うことに一人苦悩し続けた人。戦うという選択になった場合いずれこうなることはわかっていただろう。それを知りつつ自らの目で変わった国を見つめる姿が印象的だった。彼自身戦いの波にのまれながらも必死に対抗してきた。結果がどうであれ抗い続けた。見ているものはやはり大きく、大切なものも大きく、だからこそ支えてくれる友を思った。


ゼス
出番少なかったですね。見れたのは元気なところと、妻と娘に対しての愛情と、クレオを仲間を思う心。ゼスが見ていたクリシュナは、ライガットたちは。彼の「これから」は「想い」は、守り伝えていけるのか。


クレオ
戦いを嫌うも戦う決意をした。だが、戦ってる相手を知り、戦いがもたらしているものを知った。見たこと知ったことを持って、シギュンとの無言の約束を胸に帰った彼女はどこに。
こんな時代にありながら、純真さを持ったその心。


バルド
ライガットに羨ましさを感じていた気がする。いろいろなものに縛られている今の自分と、自由に生きているように見えるライガット。そして、今を生きる若者を守りたい、自分たちが争いに巻き込んでしまったものを助けたい、自分の凝り固まった考えに切れ目を入れてくれた者を救いたい。
息子であるジルグの最後の言葉は届いたのだろうか……(バルド宛てでなかったとしても)


ナルヴィ
戦う意味はことがトゥル将軍に認められ、助けていきたい守っていきたいというものだった。育ててくれた感謝なのか、生き方への憧れなのか、それはトゥル将軍が亡くなった今、彼女自身が見つけていかなければならない答えである。きっと見つけられる、ライガットを救いたいと願った彼女なら。自分と向き合えればこれからも見えてくる。助けてくれる仲間もいる。


ナイル
戦争という時代にありながらも、気楽さを忘れない憎めない人間。自分の命の大切さを知るとともに、兵士としての生き方も知っていた。辛いこともあるだろうが、それを受け入れて『今』を生きていくしかない。それをただ実行していたかのような人。


ジルグ
出番は少ないながらも敵味方問わず多くの影響を残し消えていった。彼の残した最後の言葉は何だったのだろう。ライガットへの言葉だったのか、それとも誰か違う人物なのか、それともこの世への恨みごとなのか。


サクラ
ここにきて目立つ出番が来ましたか。近衛大隊長ですから自然な話ですが。ゴゥレムの山を登る際、死んでいった者たちに対して謝っていたのがサクラさんらしい、優しさを持った強い人というのが表れていた気がする。守りたいもの、守るべきものを見失わずひたすら向かっていく姿は英雄のようでした。力が及ばない中、弟子といっていいライガットが戦いを受け継ぐシーンはぐっときました。


ボルキュス
この物語の『敵』であった人間。だが、彼はいったい誰だったのだろうか。最後に残した言葉は娘へのもの。ちゃんと笑ったのは戦いのときと、娘の前だけだったように見えた。自分の予想もつかないこと、より効率的な戦い、それらにしか興味がなくなってしまった人間だったのだろうか。ただそれでも家族に対する愛情は持っていた。「戦いがなければいい人なんですけどね」といった人間なのかもしれない。
我々の理とは違う者、最終的にライガットをそう評していた。だが、それは違うと思う。ライガットのような人間は他にもいた。ただ、それを伝えるすべがなかったのだ。デルフィングという力によって、ボルキュスの計算を狂わし、それはボルキュスに伝えられた。だが、ボルキュスはライガットを特別視しただけであった。
彼の敗因は『こだわってしまったこと』。今までどおり、ただ計算で戦闘をこなしていけば負けるという結末は訪れなかったのかもしれない。計算を狂わせたことに対しての興味か、それとも……。


イオ
彼が生き残ることとなったのはなぜだろうか。それは、今までどんな時でも人として大切なものを忘れなかったからだろう。ただ、ニケが殺されたことで、一度忘れかけてしまった。そんなイオを救ったのは、殺さず情けをかけたナイルだった。今までの自分の生き方に結果的に救われたのだ。やはり、最後の戦闘での生と死の差は戦いに生きてしまったのかどうかの違いな気がする。


レガッツ
新たな時代を歩む者。戦いに染まらず優しい心を持っていた少年。ラストのレガッツの足と溝と血の構図は印象的。一人で歩く強さを持ち、魔力がなくても生きていく術を知っている。たくましさ、希望。レガッツがライガットの救いにもなったのだろう。



今度原作のマンガを読んでいきたいと思います。以前から読もうと考えていましたが、劇場版が終わるまで待っていたので。また、違う物語を

閉じる

2011-03-26(Sat)

なんか一年経過しちゃったよ

このブログに始めて記事が投稿されてから、この時間でちょうど一年です。まあ、一応続いてますね(気ままにやってたら続きますよw)。
このブログにきて読んでいる方には感謝してます。
今日は本来はRewrite Fes.でしたけど残念ながら無期延期ですね。

なんとなく方向性も見えてきました。
・面白いと思ったものの感想
・もっと知ってほしいと思えるものの宣伝
・ライブとかのレポ(自分のためでもあり、行けなかった人のためでもあり)
・暴走した時に書く何か
こんなもんですね。

今年の目標
現実的な目標としては、学業に励み5年で大学を卒業できるようにする。←疑問を感じてはいけません
他のいろいろなものとしては、もっと自分も読んでくれる人も面白いと思える記事を書く。具体的にはもっとテンションあげていったり、読みやすく構成を整えたりする。それと、ちゃんと完成させる←これとても重要

誰かのためになるブログを目指すのか、自分の満足のためのブログを目指すのか、とか決めておいたほうがいいと思う。

アクセス数増えたらいいなとは思うけど、たぶん扱ってるネタが微妙なので無理だと思えてきた。ただ、検索してきてくれた人が満足して帰ってくれたらいいなと思う次第です。(でもやっぱりコメントとか目に見える何かが欲しかったりもする) このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-03-25(Fri)

今後発売予定のRewrite関連の雑誌について 4/9修正

本来ならばRewriteの発売日は4/28だったということで来月4月には大量のRewrite関連の雑誌が発売されます。Rewriteは延期しましたが、雑誌のほうは予定通りに発売なんですかね。とりあえずまとめておきます。


4/4
電撃G's magazine 5月号 990円
表紙はRewrite
にいてんご神戸小鳥フィギュア


電撃HiME 5月号 1,280円
表紙はRewrite
巻頭特集はRewrite
にいてんご此花ルチアフィギュア


4/10
コンプティーク 5月号 980円
いつもどおり樋上いたるさんのコラムやRewriteの特集があるんじゃないですかね

4/26
電撃G’s Festival! COMIC Vol.17 2,600円
神戸小鳥抱きマクラカバー

4/30
電撃G's magazine6月号 990円
にいてんご千里朱音フィギュア

電撃HiME6月号 1,280円
にいてんご中津静流フィギュア

5/26 (注:発売日変更)
Keyステーション 2011年 07月号 [雑誌](コンプエース増刊号)980円
表紙は猫耳中津静流
Rewrite特集
クリエイター陣へのインタビュー
付録はDVD(秘蔵ムービー、ナツブラ大阪出張編など)
pixivイラストコンテスト結果掲載

6/17 (注:発売日変更)
電撃 G's Festival! (ジーズフェスティバル!) Vol.21 2011年 08月号 [雑誌] 3,980円
にいてんご鳳ちはやフィギュア
中津静流の抱き枕カバーも付録


以前のAngel Beats! のときのような戦争状態にはならないと思いますが、欲しい人は早めに買うといいと思います(もしくは予約)。ただ、当然電撃HiMEは18禁の雑誌なので、18歳未満、高校生の方は購入してはダメですよ。
ちなみにここに書いた雑誌を全て買った時の合計金額は13,080円となっております。

ちなみに電撃G's magazineでは東条さかなさんによる『Rewrite:SIDE-B』  電撃大王では川上修一さんによる『Rewrite:SIDE-R』が連載されています。『Rewrite:SIDE-B』の単行本は4/27発売予定。それと「まんがパレット」で夜野みるらさんによる『Rewrite 4コマ』が連載開始しました(3/24発売のまんがぱれっと5月号にプレビューとして6P載ってます)。

ちなみに「にいてんご」に興味のある方はトイズワークスコレクションがオススメですね
リトルバスターズ!
リトルバスターズ!エクスタシー
Keyメモリアル
の三種類があります。下の二つはまだ発売されていませんが。それと、下二つの実物?はこちらにあります。 このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-03-24(Thu)

2011年春季以降放送のアニメのTwitterアカウント

GIGAZINEの2011年春季放送開始の新作アニメ一覧を参考に


地震の影響もあって放送日時が変更になるアニメもあるので情報を得ておくのは大切だと思います。
また、地震の影響で本来ならばできるはずだった宣伝ができなくなっているという部分もあるらしいです。知らないアニメでも興味を持って何話かは見てほしいです。
私が知っている範囲でしか紹介できないので漏れていたらすいません。それと、私はあらすじとか読まないようにしているタイプなので見どころなどについては解説できません。


いろいろまとめようと思ったのですが、時間がないので公式Twitterアカウントのまとめだけ。TVアニメ、劇場アニメ合わせてまとめてあります。

こちらにリストとして作成しておきました。

タイトルだけ並べておきます。
・ブレイクブレイド
・キスダム
・アクエリオンEVOL
・京騒戯画
・境界線上のホライゾン
・いつか天魔の黒ウサギ
・侵略!イカ娘
・ましろ色シンフォニー
・夏目友人帳 参
・ぬらりひょんの孫
・アイドルマスター
・たまゆら
・ミルキィホームズ
・異国迷路のクロワーゼ The Animation
・青の祓魔師
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・聖痕のクェイサー
・神のみぞ知るセカイ
・星空へ架かる橋
・世界一初恋
・そふてにっ
・まりあ†ほりっく あらいぶ
・Dororonえん魔くん メ~ラめら
・電波女と青春男
・Aチャンネル
・緋弾のアリア
・へうげもの
・30歳の保健体育
・STEINS;GATE
・戦国乙女~桃色パラドックス~
・俺たちに翼はない
・花咲くいろは
・TIGER & BUNNY
・マルドゥック・スクランブル
・トワノクオン
・そらのおとしもの 時計じかけの哀女神
・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 嘆きの丘の聖なる星
・星を追う子ども
・攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D
・もしドラ このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-03-23(Wed)

ブレイクブレイド一挙上映イベント開催

地震の影響によりかなり急なことなので、私のブログでも微力ながら宣伝をしようと思います。詳細などは<公式ページ>で必ずご確認ください。


ブレイクブレイドは全六章に及ぶ連続短編アニメ映画です。今回その第一章から第五章までの一挙上映が決定しました(池袋のみ第六章も)。今まで見たことがない方も、いいチャンスです。見て損はない映画だと思います。池袋では誰よりも先に結末を見ることができます。時間がある方はぜひ見に来ることをオススメします。


開催される劇場は東京、長野、静岡、静岡、大阪、広島、熊本、沖縄の8か所。沖縄を除いた7か所は3/25開催です(沖縄のみ4/15)。池袋では第六章まで上映されるとともに、アミノテツロさん(総監督)、羽原信義さん(監督)、大河原健さん(プロデューサー)による舞台挨拶もあるので要チェックです。


池袋のチケットの販売はややこしいので、しっかりチェックしたほうがいいです。ぴあでの販売は明日、木曜日のみ。窓口での販売は上映当日のみとなっています。(他の劇場については不明)


また、池袋では前夜祭の次の日である3/26に初日舞台挨拶があります。こちらの登壇者は保志総一朗さん(ライガット役)、斎藤千和さん(シギュン役)とメインのお二人となっています。お二方のファンは見逃せないですね。こちらの販売も明日(木曜日)からとなっています。


一ファンとして、多くの方が来場し、楽しんでくれることを祈っています このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-03-19(Sat)

じゅうはちキン!Presents「Live at Rockin'Radio II」レポ

3/18(金)、じゅうはちにちのきんようび、行ってきた……


俺たちいつでもエロゲバカー!!!

kaiIMG_3740.jpg


なんという熱いライブ、飛んで叫んで全力で楽しんだ。



それでは初めから

入場を待機している列からして普段行ってるライブとの違いを感じた……。オバイブ系のものを身につけてる率の高さ、荷物を持ってない率の高さ、不審者パーカー率の高さ、そしてなによりも空気が違う。ああこれは前に行ったら殺られる、と思いましたね。

そして会場に入場。前から行ってみたかった新宿LOFT。いい場所ですね。あの空気感は見ていて好きです。まあ、会場内のモニターではじゅうはちキン!が流れてましたが。チケットは完売しなかったそうなので、結構会場内は空いている感じでした(MAXがどの程度かわからないのですが)。


ほぼ時間どおりに開演。流れを簡単に説明すると、パーソナリティー二人によるいつものトーク→小倉結衣さん民安★ROCKオリヒメヨゾラさんオリヒメヨゾラさん民安★ROCK→夫婦漫才→milktub青葉りんごさんmilktub→全員集合。終了時間は22:40ぐらい?(22:00終了予定だったんですけど想定の範囲内です)


セットリストは覚えてるわけがないので、まかせます。
あったことを時系列順に箇条書きにでも

・パーソナリティ二人のトークでbambooさんがギシギシアンアンの歌を歌い出す。そしてそれに合わせられる観客。さすが。
・買い占めていいのはエロゲだけ
・4月~6月あたりのエロゲは特にきつい。予約が必須。予約があれば銀行にお金を借りられるらしい。みんな予約しようね。
・電激ストライカーはどうなるかわかんない。今アニメパートのほうが制作止まっちゃってる。
小倉なんとかさんネタ。小倉結衣さんがちゃんとしたの名前を覚えてもらえるのはいつだ!
民安★ROCK一曲目終了後、タミーの脱衣タイム。「あと一枚」コールがあるも「あと2枚脱いでトップレスになったら、おまえらちゃんと見れないからな」発言。
タミーヨゾラさん二人の夫婦漫才は生えてるか生えてないのかの話から。生えてるっていったい何のことなんでしょうねーねー。
オリヒメヨゾラさんはものまねが上手い。ドラえもんのものまねを披露。
ヨゾラさんが触手の声を、タミーが触手の効果音を担当するという謎な光景
ヨゾラさんはエロゲをプレイして「このキャラがいい」と民安さんに話したところ、そのキャラを演じているのが民安さんだったということがあった。ヨゾラさんがいいというエロゲは民安さんが出演してる場合が多め。(本人は中の人をあまり意識していないそう)
・「ヨゾラさんは○○なんですか?」という質問がTwitterで結構来るらしい。その原因は公共の電波を使って秘密を勝手に暴露している民安さん。
民安さんはヨゾラさんの留守電に、語尾がニャーとかわいく伝言を残したらしい。
・「ブルマ・アヘ顔」とふってもちゃんと「グッドウィル」で返せるじゅうはちキン!リスナー
青葉りんごさん「今日は上手く歌う気なんてない。盛り上がっていくよ」(間違ってる可能性大)
・最後の締めは「バカ・ゴー・ホーム」
・EDのBGMはいつもどおり「EVER GREEN」出演者が去り、幕がしまっても歌い続ける観客。そして、歌い終わりで終了のアナウンスが。あれは空気読んだのかわからないけど、いいですね。


当然ですが今の時期にイベントを開催すると地震の話が必ず付いてきます。けど、このライブでは元気を出して、これからを乗り切っていこう、というような意味合いも含まれています。「金があるやつは金を出して、知恵があるやつは知恵を出して、力のある奴は力を出して、何もない人は元気を出そう」(だったかな?)結局はこれですね。あの空間では誰もが地震なんて吹き飛ばそうとしていたし、地震に負けない元気を持っていた。そしてその元気でこの後進んでいく。



電車がないことも覚悟していましたが、なんとか終電に間に合い帰宅。この記事を書いている今も耳鳴りらしきものが止んでないのですが……大丈夫か?


普段は熱いライブでも端のほうでじっと(とまではいかないけど)している私ですが、今回はタガを外して爆発しましたね。ほとんどの曲を知らないにもかかわらずここまでしたというのはすごいんじゃないかなあ(人を盛り上がらせるという意味で)。

もっとエロゲをやろうと思った。それと、また買いたいCDが増えた。←いつもどおりの結果 このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-03-11(Fri)

一応無事だよって記事

Twitterのほうでは発言してますが、今回の地震では私は無事です。栃木に帰省していましたが、大変でした。震度6強とか……起震車ぐらいでしか体験したことないですよ。花瓶が落ちたりはしましたけど、家族全員無事です。規制中だったので、家族の安全が確認できたというのは良かったですね。あ、ちなみに地震が起きたときはリトバスEXプレイ中でした。


今後余震が続いていくと思いますが、負けずに日常を取り戻していくのが大切だと思います。当ブログはこれからも通常更新でいきます。要するに不定期更新です!

原発が大変なことになってるのかもしれないですけど、自分には何もできないです。だから不安を煽っても意味ないので気にしないでいいんじゃないですか。死んでも悔いのない生活を送っていけば。


まあ、私は埼玉のほうに戻ったら自分の部屋と対面しなくてはいけないんですけどね……。食器とCDと家電の様子が気になります。ああ、どうか無事であらんことを。


そういえば携帯の名前忘れましたがなんかのシステムは作動してないですよね? 私の携帯は三年半ぐらい使ってるものなのでその機能は付いていませんが、家族のも反応しなかったので。


とちてれアニメフェスタが中止になったのは残念です。このために帰省をこの時期にしたというのに……。今後いろいろ回復し、改めて栃木の本気を見れると嬉しいかな。


このブログを読んでくれている人が無事であることを祈って このエントリーをはてなブックマークに追加
応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
FC2プロフ
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
バナー
最速VisualAntena gahkbanner2_200.jpg OVERDRIVE 5th Anniversary Project『d2b VS DEARDROPS -Cross the Future -』 OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS- OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売! kira_banner_kirari_120x600.gif 冷んやり甘くて、とろけるほど爽やか系純愛ラブコメADV 「LOVEPOTION SIXTYNINE」 通称:らぶ69  12月31日発売予定 Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
応援中
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中! laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
応援中
検索フォーム
リンク
バナー